So-net無料ブログ作成
雑談とか ブログトップ

今日の夕焼け [雑談とか]

木曜日に日本へ帰ってきました。

日本に帰ってきたと感じる風景ってどんなんだろうなぁ、と思っていたのですが。

成田エクスプレスに乗っている時に見える田園の風景とか、日本独特な感じの都会の風景とか、丁度ラッシュの時間帯にぶち当たると、ラッシュの混み具合とか、そういうのも日本を感じる雰囲気だったりします。

ここ数年では、住んでいるマンションから見える風景って結構日本を感じます。

家から見える富士山とかって、やはり日本らしいというかなんというか。

反対側は江ノ島なんかも見えたりして、それはそれでまた良い景色です。


世界タイトルマッチとか [雑談とか]

流石YouTube、昨日の亀田戦がすでにアップされている。
試合から見た印象は、どうみても亀田負けだと思うけど、まあ結果が出ている物は仕方ないか。

試合内容自体は悪くないと思う、ランダエタ選手のレベルも高いし、その相手に12ラウンド戦かう事が出来た亀田選手もそれなりのレベルだとは思う。 ちゃんと判定が亀田選手負けだったら、普通に「良い試合だった」って感じで終ったとは思うのだけど。

試合がどうのこうのって事は置いておいて、視聴率を稼ぐ事が出来たTBSはホクホクかも。 良いものでも悪い物でも、テレビ局の現場や営業が評価されるのは視聴率って所なんだろうなぁ。

この世界戦の経済効果、どういった計算なのか判らないけど、108億円だとか。 これだけのニュースを与えてもらっているのだから、ニュース番組とか亀田選手批判する声も多いけど、実際の営業的な話としては、嬉しいって所だろう。 ここで亀田選手が負けなくて良かったと思っているのは、こういったメディアなんだろうな。 もちろん亀田選手嫌いの人たちも、次の試合を亀田選手が負けるのを見たくて見るだろうし、どっちに転んでもマスメディアにとっては良かったんだろうと思う。

それにしても、次のマッチメークが本当に難しいだろうなぁ。次は防衛戦になるだろうから、それなりの相手と戦わなくてはならないだろうし、今のままだとそれなりの相手と戦ったら負けるだろうし。 なかなか興味深いと思うのでした。

それにしても、亀田選手、広告のアイテムとしての価値は結構落ちちゃったんだろうなと思う。 ああいった馬鹿なキャラクターが受ける業界の広告だったら良いのだろうけど、少なくともクリーンなイメージの広告には使えないだろうから。

それにしても、白黒付かないスポーツの判定って、なんだかなぁって感じで、後味悪くて終るので、すっきりしません(笑)。 正直な所、オリンピックの判定物競技って気分悪くて見ないのです。 体操とか、フィギャースケートとかとか。

やっぱり明確なスポーツが好きだなぁ。


VAIO UX50を使ってみて [雑談とか]

新しく買ったVAIO UX50、購入してから10日程経ったので簡単にレビュー。

普通のレビューとか、スペックとかは色々なサイトで公開されているので、個人的な意見として簡単に。

1.モニター
かなり使える。 確かに画面自体は小さいのだけど、解像度が1024x600で、普通のモニター程度の解像度はある。 人間の目って結構繊細に出来ているようで、小さくても解像度が高く表示されていると、そんなに苦労しないで見る事が出来る感じだ。 特に縦表示に出来る所が強くて、jpgにしたドキュメントとかも、かなり普通に読む事が出来るのが嬉しい。

でも、今後老眼が始まったら厳しいで有ろう事は想像できる。

2.キーボード
使えるとも言えるし、使えないとも言える。 外出した時に、メールを打ったりする時、携帯電話のキーを使ってメールを書くよりは、段違いに使い易い。 しかし、普通のドキュメントとかを打つには使えるレベルではない。 考え方次第なので、ここは使えるとしておいて良いと思う。

3.重量
かなり軽い。 両手で持てるので、保持は結構楽。 そのうちにクレードル接続部に取り付けるような保持用のバンドとか出てくると思う。 寝転がりながら、片手で文庫本を読むレベルでの軽さではない。

4.動作
結構早い。 CORE SOLOの1GHなので、圧縮動画とかも普通に再生出来るし、WEBのブラウシングでFlashなんかを再生していても、重く感じる事は無い。 外付けのHDDとかを使っての動画のエンコードなんかもそれなりにはこなせると思う。 普通のアプリケーションであれば、全く問題なく使えるレベル。

唯一少し遅く感じるのは、HDDの動作だけど、ここは1.8インチのHDDなので仕方ない所だと思う。 実際にはそんなに遅く感じる事も無い。

5.バッテリーの寿命。 これは短い。 それなりにアプリケーションを動かしていたら、1時間半程で無くなりそうだ。でも大容量バッテリーが必要か?と聞かれたら、私の使用状況ではいらないと思う。 移動は車の移動がメインだし、外出時にそこまでバッテリーで動作させる事もそんなに多く無い。

6.メインPCとして使用出来るか?
出来る、と答える事も出来る。 但し必要な物が多少ある。
・外付けのモニター。
・外付けのキーボード、マウス。
・外付けのHDD。
・オフィス用クレードル。
・オフィス用電源。

と、家とオフィスで使う事を考えると、上記の物が必要。 基本的にはデスクトップPCが家とオフィスにはあるので、KVMが2基必要になるという所か。あとクレードルと電源。

メインのメール、ブラウシングマシンとして使うには、入力が面倒すぎる。 モニターもそれ一台で使うとすると厳しいので、大きい画面のモニターが必要になる。 という事でUX50を買った後にかかるコストが。
・KVM2基で15000円程。
・予備クレードル20000円
・予備電源13500円

ってところで、48500円程。 つまりトータル20万円程になるという所か。

これくらいのコストをかけると、メインPCとして使えるレベルになると思う。 家にもパソコンが無くて、オフィスにも無い場合には、これにモニター2台分のコストが掛かっちゃうけど。 でもVAIO UXを買う人は、殆どの場合家にもPCが有ると思うので。

多分今の仕事で使用する際のデメリットとしては、長期出張が多いので、モニター、キーボードを持ち歩かなくてはいけなくなる所かな。 でも、15インチ程度のモニターだったら、そんなにかさばらないで持ち歩けるので、そんなに苦にはならないと思うのだけど・・・。

そうそう、水曜日からアイルランドへ戻ってきています。 仕事の都合上で、あと残り2ヶ月程滞在する事になったので、日本に帰る頃は涼しくなっているかも。

アイルランドも結構暑かったりして、エアコンの無いレンタカーでは結構辛い所もあったり。 

アパートに戻って、とりあえず洗濯して、ご飯を炊いて、面倒なので冷凍してあった材料を使ってカレーを作り、仕事以外では家を一歩も出ないで適当に過ごせる準備。 なんとなく体がだるいのです。 たいして疲れるような事をしていないのに、疲れてるのかなぁ。 あ、痛風で痛い足引きずってゴルフ行ったので疲れたのかも(笑)。


男性用小便器 [雑談とか]

非常に下らない話なのですが・・・。

男性用の小便器でおしっこをする際、隣に人が立つと気になる人は結構居ると思います。

なんでそんな事をイメージしたかと言うと、アイルランドの仕事場でおしっこをしていた時、私が3個ある小便器の一番左側でしていたら、一番右側に用を足しに来た人が居ました。

その人が右45度程に向きながら用を足しているのです。

これは一回だけじゃなくて、結構な頻度でそうしている人が多い事に気が付いた次第だったり。

確かに私自身もおしっこが出ている物を見られるなんて非常に嫌だなぁ、と思うので共感出来るのですが。

こういった微妙な男心を汲んだトイレって少ないなと思うのでした。

どんなトイレが理想かと言うと、小便器の間には隣が見えない程度の仕切りがあると嬉しいと思っている男性は結構多いのではないだろうか。

多分、用を足している最中っていうのは非常にリラックスしたい気分の時が多いと思う。 女性がどうかとか自分以外の男性がどうかとかは判らないのだけど、私自身のイメージから言うと、心の栓を緩めるとおしっこが出るという感じだろうか。

そういった状況では、周りに人が見えない状態の方が良いだろうし、ましてその心の栓を抜いてリラックスする為の物質を出している姿を見られたくないって感じか。

男ならそんな細かい事言うなよ~、ってな声が聞こえてきそうだけど。

ストレスフリーな職場を目指す指標の中に「小便器の間の仕切り」なんて項目を加えてくれる所は無いだろうか(笑)。


夏至 [雑談とか]

ちょっとだけ理系風な話です。

もうすぐ夏至になります。
一年で一番日が長い日です。

今滞在しているアイルランドは、結構北の方にあるので日が長くて日没が10時位になります。 サマータイムという事もあるのですが、サマータイムが無くても9時なので、結構日が長いと言えると思います。

日の出も4時50分頃。 サマータイムが無ければ3時50分。 遮光カーテンが無いと厳しい夏の朝という感じでしょうか。

アイルランドはどの程度北の方になるのかな?と思って地図で見ると、日本で言うと北海道は通り過ぎて、サハリンの北端と同じような緯度になります。 ダブリンの辺りで53.2度程、東京で35.5度程です。

ちょっと図を描いてみるとこの図みたいになるかな。

東京って結構太陽に対して直角に近い位置まで降りていくのだなぁという感じ。 ダブリンも結構太陽に当たっているという感じでしょうか。

それじゃ、単純に正午に太陽から得られるエネルギー量を見てみると。

太陽に対して0度の位置を1とします。
東京はSin(12°)って事で0.98
ダブリンはSin(29.7)って事で0.87
10%以上の差があります。

冬至の頃は
東京はSin(59°)って事で0.52
ダブリンはSin(76.7)って事で0.23
半分以下まで落ちちゃうんだなぁ。

海流とかがあるので、アイルランドの冬の気温は殆ど氷点下に下がらないのが面白い所なんだけど。

こう見ると、ヨーロッパでは夏の太陽を有り難がる理由も解る気がするかも。

何が言いたいって訳ではなくて、どんなものか知りたかっただけなんだけど(笑)。

そうそう、白夜を体験するなら、緯度が66.5度以上の位置まで行けば夏至には白夜になっているはず。 逆もまたしかりで、冬至には太陽が昇らないって事になるって事か。 オーロラみ見て見たいなぁ・・・。


雑談とか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。