So-net無料ブログ作成
検索選択

アラン島 [アイルランドとか]

朝B&Bで毎度おなじみのFull Breakfastを食べてフェリー乗り場へ出発。
出発といっても、フェリー乗り場の駐車場まで3分くらい。 10時半のフェリーに乗り込む。

フェリーはそれなりに一杯になっていて、外を眺め易い二階の席は埋まっていたので一階席に。 酔い易い人は一階の方が良いのだろうけど、誰も居ない。 二階席が外になっているフェリーは10時発だった。 そっちが良かったかなぁ。

フェリーに乗っている時間は30分位か。 Doolinから出ているフェリーは三つの島に寄るので、1時間半位掛かったような気がする。 フェリーも小さかったし。

天気が良かったのでフェリーは殆ど揺れないでアラン島の港に到着。 私は殆ど寝ていて、起きたら到着していた。

島に着いて、ツアーバスに乗る。 殆どのツアーバスは10ユーロかな。 あまり聞かなかったけど、メインでゆっくり見たいDun Aengus (Dun Angus, Dun Aonghusaとも書くらしい)で2時間滞在っていうバスを選ぶ。

ツアー自体はどのバスでも似たようなコースを辿る。 七つの教会って所に寄ったり、海沿いを走ったり。 あ、海にはアザラシも居ました。


七つの教会は廃墟となっている教会跡。


そういえばグレンだー・ロッホも七つの教会っていう意味だったかな。


他の教会と同じで、教会の中に墓石がひかれている。


七つの教会って、なんなのだろうと調べてみたのだけど、聖書の中でヨハネの黙示録で記されている記述に拠って作られた物かな?  細かい話までは読んで居ないのだけど、七つの教会とは全てのキリスト教会の意味に近い感じ。 凄く単純に説明すると、初心を忘れるなみたいな事が書いてあるかなぁ。 キリスト教の方にはひんしゅくを買うような説明だけど。

さて、次はメインのDun Aengus。 駐車場はツアーバスで凄く混んでいる。 いや駐車場って言うより、単なる道路端なんだけど。

入り口で入場料を払って、あとは20分ほど歩くだけ。

遠くに見えるけど、結構スムーズに歩いていける。 景色も綺麗なのであまり飽きない。


とうちゃーく。 大西洋の荒波に削られた崖。


崖からの展望を眺めながら昼食。 カステラみたいな物とか、小さいパンにチーズ乗っけたみたいな物だけど。


東側の景色。 以前は向こう側まで歩いていけたのだけど、フェンスが出来ていて行けなくなっていた。


Dun Aengusの中心側を見た所。 ちょっと出っ張っている所から撮りました。 この下は空洞なんだけど。


写真とかで良くある座りやすいところ。


その座りやすい所から撮った東側の写真。


Dun Aengusの中に入って、そこから崖下を眺めるがきんちょ。 がきんちょより、写真を撮っている私が怖い。 カメラストラップを手に巻きつけて、手を伸ばして撮りました。 私の足が入ってます(笑)。


Dun Aengusの西側の風景。 こちらも何も無いのが良いなぁ。


Dun Aengusへ行く途中にある小さい家と看板。 Tokyoがある。 まあ地球は丸いんだけど。


アラン島の風景。 人口は830人くらいとか。 島の産業の95パーセントは観光。 他は郵便、銀行、病院、警察って所か? 食っていく100%が観光って言っても良いかもしれんなぁ。

そうそう、観光バスのガイドのおっちゃん、行く先々にある小さい個人の畑を説明してくれるのが笑える。 「ここではポテトが出来るんだ」と自慢げだ。

アラン島は基本的に「土」が殆ど無い為、畑を作るのが凄く大変らしいのだ。 土を作る為に海草を海から持ってきて、それと海の砂を混ぜて時間をかけて土を作るらしい。 数年、数十年の作業だろうなぁ。 雨で持って行かれちゃうだろうし。 そんな中で畑を作っているという事が自慢になるのだろう。

Dun Aengusのお土産屋さんで、7年前に小さいキャンピングカーの中でセーターを売っていた人がお店を開けていた。 私のページの写真の中に載せてあるのだけど、出世したと言って良いのかな。


港に戻ってきて、Fish & Chipsを食べる。 Aran島近辺で捕れた魚を使っているらしい。 本当か知らんけど。 


帰りのフェリー。 帰りは早めに乗ったので、二階席に座れた。 また寝ていたけど。

フェリー乗り場から、ダブリン方面へ出発。 幹線道路が整備されつつあるので、以前よりダブリン⇔ガルウエイ間は行き来しやすくなっている。 3時間半程でアパートに到着。 結構疲れた週末だ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

LiLA管理人の妻

「写真を撮っている私が怖い」
その写真を見ているだけで、足がすくんでしまいました。
小さい時から、いろいろな国、いろいろな風景に出会っている
お子様、羨ましいです。
Fish & Chipsも食べてみたいです。
by LiLA管理人の妻 (2006-08-23 21:22) 

Moose

この写真、結構怖いです。 私も観るだけでも思い出して背筋が寒くなります(笑)。 落ちたら死ぬんだろうなぁ。 でもフェンスも何も無いです。

でも駅でホームに立っている時、ホームの縁まで1メートル位の所には平気で立っていたりして、急行が通過する時には同じような危険があるとイメージすると、そんなでも無いのかなぁ、と。 比較対照ではないかもしれないのですが(笑)。

うちのがきんちょ、ある意味羨ましいですね~。 本当はもう少し大きくなってから連れて行けるともっと良いとは思いますが、チャンスが有る時に行くというのが現実的なので、出来るだけチャンスがある時には連れて行くようにしています。

LiLA管理人さんの妻さんも、旦那さんがヨーロッパにあそび・・・じゃなくて仕事に行く時に付いていくってのはどうでしょうか?(笑)。

Fish & Chips、そんな激美味いという物ではなくて、腹は一杯になるという程度ですよ~(笑)。 私はニューメキシコのメキシカンを食べに行きたいなぁ。 あと野田さんの所にもまた行きたいです。
by Moose (2006-08-24 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。